ヒイカ情報

東京湾 ヒイカ情報サイト お台場 船橋 千葉

フィールドレポート

千葉港 朝ヒイカエギング

午前8時まで千葉港でシーバス大会に参加した後、少し千葉港でヒイカエギングしてきました。

 

実は、前日の大会開始前に、数投ナオリーをなげるとヒイカが乗りました!



これは明日の大会の後、ヒイカ釣りをせねばと・・・

 

悪い考えを持ってシーバス大会に、70アップを掛けてランディングまで持ち込むも

タモ網がうまく伸びず、もたついた所でフックアウト・・・・

その後大雨で戦意喪失・・・車で爆睡で、朝を迎えました。もちろん NO-FISH・・・

 

大会終了後早々に、千葉港のポイントへ すでにこちらが本命に・・・・

 

朝方の雨のせいでポイントはガラガラで、数名しか居ません。

早速、前日と同じナオリー1.5号Sナオリー1.5号Bレッドヘッド+アゴリグでエギング開始。

※Bでした、間違ってました。

フルキャストで底を取って10m位2段シャクリのダートをかませながら誘いを入れると、ラインにモタレが出たので

すかさず、合わせると、ファーストキャストから嬉しい乗りが!



1投目で焦って、iPhoneで写したので、背後の手すりにピントが・・・ 嬉しい1杯目。

釣れたときの手返しは重要なので急いで、2投目。モタレが出た場所で少し大きめのシャクリを入れフォール中に

またまた、モタレの感触がラインに出ました。

イカパンチぽかったので、一息於いて合わせると、見事にビンゴ!群れが回遊していろ感じですね。

急いで、3投目。

これまた、同じパターンで乗りました。

群れが回遊している時は,連続でヒイカが乗って来ますね。

たぶん・・・水中でエギの取り合いをしているんでしょうね。

その後も、モタレや弾きがラインにちょくちょく出て、掛け損なっても、数投後にはヒイカが乗るような感じでした。



サイズも、一潮前より確実にサイズアップしていますね。

1.5号で狙って居ますが、1.8号でも充分なサイズですね。ベイトが小さいのでマッチザベイト的な考えならば1.5号がベストかもしれません。



まぁ、5cm位のヒイカが2.2号にも乗って来ますのでどれがベストとは言い難いですが・・・

 

その後も、ボツボツとヒイカが乗り続け 入れ食いまでは行かないまでも、群れが廻って来ると

数杯取り込んでを繰り返しました。



シーバス大会終了後、朝マックを購入して帰らなければいけなかった約束なので9時30分前には終了。

正味1時間30分弱で15杯のヒイカをキャッチ出しました。



大きい物はツツ長 10cmのサイズも混じりました!

千葉港では、どこでもポツポツとヒイカが釣れていましたので、エギのサイズを間違えなければ釣れると思います。

結構、2.5号の大きなサイズのエギを投げている方を見受けます。

 



釣れたヒイカは早速、今晩の我が家の食卓に乗せました。

定番の里芋とヒイカ&シリヤケイカの煮物です。

シリヤケは前回の市原の大会の時の残りです・・・・

 

今回のレポートで 1.5号B+アゴリグを紹介していますが、詳しくは次号のSALTYで、ジャイアント千葉店の森上さんの記事が紹介されます。

そこに裏技で紹介される様ですので、見てみてください。

私も、森上さんからこのリグ教わりました。

早く知りたい方は、お店で聞いてみてください。

 

もちろん、次号のSALTY!もチェックですよ!!

編集頑張ってくださいね!編集部のCさん

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA