フィールドレポート

ヒイカ釣り

またまた、ブログの更新が行われなく、すみません…

忘年会シーズンで…
ヒイカ釣りに行ける時はフィールドに行って、情報収集してましたが…
肝心の情報配信をする時間がありませんでしたf^_^;)

久しぶりですが、ブログ更新します。

千葉港周辺ですが、11月中旬の爆釣も、落ち着いてしまい。
ポツポツの釣果になってきました。
ただ、サイズが確実に大きくなりましたね。

先週の釣果ですが、数は前みたいになかなか出しにくいですがサイズがとても良かったです。

IMG_3515
ヒイカも、エギに対して結構セレクティブなので、色々なエギで攻めてみてください。
ナオリーのBやDのローテーションにカラーローテーションも織り交ぜ、攻めれば幾通りの攻め方が可能です。

どうしても乗せエギを連続で使いがちですが、数釣りをするなら、あえてハズレエギを使ったりポイントを少し休める事も必要ですね。

※もちろん、やる気のある群れの時はバンバン攻めちゃて下さい!

IMG_3513

 

良型ばかりですと、数が少なくても充分なボリュームになります!

 

釣果的には、すでに色々な方が紹介してますが船橋港が好調ですね。

日によってですが、ヒイカの回遊レンジに幅があるので、シャローからボトムまで、攻めてみてください。

シャローでバイトした時は手返し良くキャストを繰り返して、バイトに持ち込んで下さい。
活性が高い群れなんですが…移動もとても早いのが難点です。

釣りやすいのは、ボトムにステイする個体ですね。

個人的にはボトムの釣りが好きですが、原則 ヒイカやベイトフィッシュレンジに合わせるのが基本です。

ベイトはフィッシュだけでは無いですからね・・・

ヒイカはエビ類大好きですから!

 

今週もなんとか仕事が早くおった金曜日にホームフィールドの千葉港のランガンをしてきました。

1時間強の釣りでしたが、なんとか5杯はキャッチできました。

IMG_3536

 

本当は、もっとフィールドチェックするつもりでしたが、千葉港 観光船脇・消防署脇のポイントで

桟橋の際を攻めすぎて、メインラインからラインブレイクしてしまい。

いつものタックルバッグに入っているはずのリーダーが入っておらず・・・

強制終了でした・・・

最近はアングラーの方も多く、ヒイカが完全にスレて来てますね。

エギの周辺にヒイカの気配は感じられるのですが、なかなかエギを叩くだけで抱きかかえません。

ヒイカに派手なアクションはヒイカが驚いて逃げるので、避けるように書かれている事が多いですが。

私はあえて、派手なジャークを入れてヒイカを軽く脅かす様なことも行って居ます。

派手なジャークですが、決して エギを上下左右に長くスライドさせるのではなく

エギが動く 初速を早くさせています。

 

エビとかベイトフィッシュって 驚くと 瞬間的にかなり早く反転とかしているのの見たことありませんか?

それを演出します。

 

やや堅め(張りのある)のロッドと自分が行うジャークの初速でドラグが出るドラグセッティングで行います。

ジャークした瞬間は、ロッドの反発でエギが瞬間的に早く動きます。

しかし、ロッドの反極点にロッドが来た瞬間にドラグが出てエギの動きが一瞬フリーになります。

初速の激しさと、その後の無テンションフォールのメリハリでヒイカを寄せ瞬間的に合わせを入れて

ヒイカを掛ける様にしています。

 

ズル引きでも釣れますが、折角なので 攻めて誘って掛けた方が、ライトエギングゲーム性が高まってとても楽しいですよ。

掛け損ないは本当に悔しいですが(^_^;)

 

さて、今週もヒイカ釣りに行けるかな・・・

年末でお仕事もバタバタです(>_<)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA