フィールドレポート

検見川浜堤防 ヒイカ釣り



前日の晩に、ソルトルアー紙編集のC氏よりヒイカ釣れているから行かない?
と急なお誘いが・・・

早朝から朝までの数時間限定で行って来ました。
最初は手探り状態で、エギやマルイカスッテで色々攻めましたが 反応無く・・・
明るくなって来て、鰯の回遊が始まると 周辺でポツポツ ヒイカが上がり出しました。

 

 

 

 

 



エギを投げていたC氏のまずはヒイカがヒット。

実はデーゲームヒイカ初デビューでした。
周辺から、良型だねぇと言われていました。

完全に底を取ってからのシャクリで乗った様です。
周辺のおじさん達も、中オモリを付けていたので底かなぁと
思っていましたが、やはり底狙いが良いようです。

私は、スッテで探っていたのですが どうやらエギの方が乗りが良いみたいで。

優柔不断な私も、エギにチェンジ。
最初はエギだけで攻めましたが、着底が遅く 手返しが悪いので 3Bのガン玉を2個エギの上30cmに取り付けキャスト。
3B×2個ですが、エギ単体よりは沈下速度がずいぶん違います。
そして2シャクリ目で、予想通りヒイカが乗りました。
やっぱり釣れている人の真似が、良いですね。



さらに、ヒイカがエギをさわる感触をラインで見極め、乗っちゃったでは無く、掛けたを楽しんで
追加。

その後も数杯ヒイカをキャッチして、朝の8時過ぎには堤防を後にしました。
小さなイワシが回遊していますので、しばらくはデーゲームヒイカが楽しめそうです

また、近いうちに 行きたいと思います。

※本レポートは 東京湾展望台 blogからの転載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA