フィールドレポート

またまた、船橋港 ヒイカ 好調!!



前日に続いて、またまた船橋港でヒイカエギングしてきました!

昨晩は、友人のSALTY編集部C氏も一緒に行くことになり午前0時出発。

すでに、干潮まで3時間なので3時間勝負です。

船橋港はヒイカの好調との情報で、かなりのアングラーの方がヒイカ釣りを楽しまれていました!

早速準備を済ませ、昨日好調だった、オリジナルナオリーアシストシステムをセット。

ファーストキャストで切れよくジャーク&フォールを入れると、1投目からヒイカが乗りました!

もしや!?



続いて同じレンジを攻めると、再びヒイカが乗り

連続5回、ヒイカをキャッチ!

これは、昨年の爆釣コースか!

と思ったのですが、はやり群れが通り過ぎてしばし、ポツポツになってしまいました。

レンジは、水面から3m前後で最初は乗りました。

その後も、群れが来ると連チャンで、間が空く状況を繰り返し

午前3時までに 25杯のヒイカをキャッチ出来ました。



飽きない程度にヒイカが乗るので大変楽しめました。

潮位が下がるに釣れて、ヒイカの群れが沖に出ますので、満潮時は足下、干潮時は出来るだけ

遠投して攻めてみてください。

また、ヒイカは結構好奇心がとても強いイカなので エギの動かし方は 切れよくシャープにシャクってください。

だら~ん シャクっても 見切られて 乗りません・・・

ビシッツ ビッシット としゃくりつつも、 ドラグを緩くセッティングして、ジャークを抜いてあげる事が

誘いの秘訣です!

この辺は、使っているロッドやラインなどによって、微妙に違うので文字では説明が難しいです・・・

ちなみに、昨晩は ナオリー1.8号Bのオリジナルアシストリグオンリーでの釣果でした!

来月号のSalty!でヤマリアさんのヒイカ記事があるそうです!

要チェックですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA