ヒイカ情報

東京湾 ヒイカ情報サイト お台場 船橋 千葉

フィールドレポート

木更津港 ヒイカエギング



昨晩、木更津港にヒイカのライトエギングに行って来ました!

前回、木更津港を巡回したときにはなぜかダメでしたが、今回はポツポツながら釣れました。

投光器でヒイカスッテサビキの方は、1尾ずつですがテンポ良くヒイカを上げていました。

午後7時30分から木更津港でエギング開始。

先行してサビキの方に状況を伺うと、まだ始めたばかりでまだです・・・との事でした。

幅広く状況を確認する為にナオリーアシストシステムでキャストを開始。

ボトムを取って、小刻みなトウッチとステーイを繰り返しますと、1キャスト目から

ドンと乗りが!

ヒイカとは違う、やけに重いく強い引き・・・

上がって来たのは、小判サイズのシリヤケイカ。

外道ですが、うれしいファーストキャストでファーストバイト。

スエッテサビキの方には、ヒイカが釣れ出しました。

お隣のスッテサビキの方ですが、なかなかのベテランの様で、ヒイカ狙いですがコマセを撒いています!

小魚を集めるために、わざわざコマセを撒いて、小魚を集め -> 小魚を狙うヒイカが集まり -> スッテに乗せる

とうい、事をやっています。

投光器だけの方は、多いですが ベイトを集めるためにコマセを撒くとは、流石!

数投後、ようやくヒイカをキャッチ。

お隣のスッテの方がキャッチされるヒイカを見ていたので、分かっていましたが可愛いサイズですね。

かすかに、触手のさわりの様な感触はありましたが このサイズなので抱きつかせ掛けるのは、少々難しいですねぇ・・・

引き潮が流れ出すと、お隣のスッテの方は、連続でヒイカをキャッチしています。

レンジは中層かたボトムで表層では無いようです。

ライトエギングでは、ボトムを取ると必ず、シリヤケ&スミイカが乗ってしまい、ヒイカを選んで乗せれません・・

ヒイカはボトムから少し浮いている様なのですが、その微妙なレンジをキープするのが難しく、少し沈めるとシリヤケにドスンと

やられちゃいます。

まだまだヒイカは釣れそうでしたが、そのご予定があり強制終了・・・・

シリヤケ5杯にヒイカ1杯という状況でした。

午後9時30分まで行って、正味2時間弱でヒイカ5杯でシリヤケ&スミイカが15杯という結果でした。

スッテの方は、たぶん2時間で30杯くらいはヒイカ釣っていたと思います。

木更津のヒイカもまだまだサイズが小さく、頻繁なバイトはあるのですが、乗せるにはかなり辛抱が必要です。

またボトムを取ってしまいますと、シリヤケ&スミイカにエギを抱かれちゃいます。

当日は最高で、コロッケサイズのシリヤケが乗りました。

引味は良いので、ゲームとして楽しむには良いでしょう!

当日はやりませんでしたが、ボトムより少し上なので、ダウンショットリグで

スッテを直ブラで攻めれば、スッテサビキと同じ感じで、楽しめると思います。

次回は、ダウンショット&直ブラも試してみたいと思います。



当日は、このナオリーアシストリグだけで狙ってみました。

ナオリー1.5号+おっぱおスッテの組み合わせですね。

スッテは色々チェンジしましたが、乗ったのは全てナオリー側でした。

さて、次回のフィールドの為に色々リグを作ってみたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA