ヒイカ情報

東京湾 ヒイカ情報サイト お台場 船橋 千葉

フィールドレポート

2010年ヒイカ釣り釣り納め



2010年度の釣り納めをする為に午後からヒイカ釣りに行って来ました。
ヒイカのデーゲームと言えばやはり、検見川浜の堤防は外せません。
早速、検見川浜へ


堤防に到着すると、予想以上に強風・・・・
ただ、堤防の場所を選べば風を背負えるので、堤防かカーブする場所まで調査。
水色は、風の影響で砂浜の砂濁りが入ってしまい、コンデション的には厳しい状況・・・ベイトも全然見えません。

常連の釣り人の方々はみな、カレイ狙いの様で ヒイカ狙いは数名・・・釣れてませんね・・・

ダメ元で30分位やりましたが、ラインが風に煽られ ヒイカのバイトを見極めるのは皆無・・・
向こう合わせの釣り状況で、周囲も釣れて居ないため、場所を変更。
南に下って、千葉港か 北に 船橋か悩みましたが、千葉港の情報は夜の投光器での釣果しか情報が無く
デーゲームでは船橋の方が、数は少ないながらもポツポツ釣れているので船橋港へ

例年だと、12月の月末頃にはヒイカ狙いの人は少なくなるのですが ポツポツ釣れているので結構釣り人が居ます。

岸壁の一番先端側に近い場所に空きがあったので、そこでヒイカエギング開始。

このポイントも、風を横から受けるので釣りやすくはありませんが 検見川浜よりはまだ風が弱く
ナオリーのDタイプであれば、ボトムを取りつつテンションカーブフォールやフリーフォールの使い分けが出来ました。

30分ほど、まったりした時間が過ぎて ゆるやかな流れをエギに受けるようになると お隣さんにヒイカがヒット!

ようやく群れが回遊しだした様です!

数投後、私のエギにもヒット。



ナオリーDをのアシストリグで付けていたスッテに乗りました。

ナオリーは完全ボトムを取ってトウィッチ&ステイで誘って居ましたから スッテは約底から60cm上がった位置で誘ってた事に
完全ボトムでは無く、少しヒイカは浮いている様です。



エギをナオリーのBへチェンジしてエギをヒイカのレンジに合わせて再び誘います。
しかし、わずか数グラムですがタイプBでは風の影響を受けてしまい、強風が吹くとエギが持ち上がってしまうようです・・・

しかたなく、タイプBの2.2号に上げて誘うと。
ようやく、2杯目がヒット。



2.2号サイズのエギに乗ったので少し良型のヒイカでした。

その後も、投光器組がやってくる午後5時までエギングを楽しみましたが
潮の流れが完全にとろくなると、バイトもパタリと無くなってしまいました。

 

家族との約束でデーゲームだけという事で釣りに来たので。
ナイトゲームは無しで、帰宅の途につきました。

2010年のヒイカエギングは今回の釣行で釣り納めです。

2杯だけでしたが、デーゲームで締めくくれた事と twitterで暖かいコメントを頂いた事など、大満足で締めくくれました。

来年も、年始なるべく早い時期に ヒイカエギングに行きたいと思います。

初釣り撃沈して、BLOGがなかなか更新されないかもしれませんが・・・

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA